英語・スペイン語翻訳者が英語とスペイン語の語学学習と翻訳作業で出てきた気づきと旅の話をつづります。
ブログ

【スペイン語】動詞の「法」と「時制」

ここでは、動詞の「法」と「時制」について確認します。

スペイン語の動詞は活用がたくさんあり、とても難解です。なので、全体像として、どのような活用があるのかを見てみましょう!そうすれば、何を勉強すべきかが明確になります。

文法用語はすべて覚える必要はないと思います。

ただし、体系的に理解するためには、最低限の用語知識はあったほうが便利です。数が増えるとそれだけ複雑になるので、各時制の名前を理解しておく方が、頭の中で整理しやすくなります。



法と時制

スペイン語の動詞には、法(Modo)と時制(現在形や過去形など)があります。

法には「直説法(Indicativo)」と「接続法(Subjuntivo)」があります。

よく使うのは直説法です。それぞれの法に現在形、過去形などの時制があります。

つまり、「直説法」または「接続法」と時制の組み合わせで活用が変わってきます。

 

実は、スペイン語の時制には現在ではあまり使われていないものもあります。それについては、ここでは取り上げないことにします。

 

法と時制のリスト

覚えたいスペイン語の動詞の活用は、命令形を入れて大きく14種類あります。そのうち、直説法は9種類です。

時制の名前と内容を下記します。時制のスペイン語名もあわせて記載します。

そのあとに、直説法を使用した例文を載せていますので、実際の使い方の例を見てみましょう。

 

直説法~Modo Indicativo~

現在~Presente~

現在の出来事やすでに決まっている予定、一般的事実などを表します。

例えば、「普段は朝7時に起きます」のような一般的なこと、「私の友達は全員携帯を持ってます」のような事実を言うときは現在形です。

 

直説法現在の活用

直説法現在の不規則活用

 

現在完了~Pretérito Perfecto~

過去のある時点で始まり現在に影響していることを表します。

経験も現在完了で表します。(キーワード:「今日」「今週」「今月」など)

例えば、「今日は朝、役所に行った。」のような文です。

「今日」でありながら、すでに完了している、そんな状態です。

 

直説法の現在完了

直説法の現在完了と過去完了

 

点過去~Pretérito Indefinido~

具体的な過去のある時点で起きた出来事や行為などを表します。

(キーワード:「去年」「5年前」など)

例えば、「去年スペインに旅行に行きました」のような文は過去の具体的なタイミングを含んでいるので点過去です。

 

直説法点過去の活用

直説法点過去と線過去の使い分け

 

線過去~Pretérito Imperfecto~

過去の出来事の状況や人の様子を説明したり、過去に習慣として行っていた動作などを表します。

(キーワード:「~の時(cuando)の文中」など)

例えば、「以前はペルーに住んでいた」のような文です。「以前」はいつのことかはっきりしていないので線過去になります。

また、「雨が降っていたので、~しなかった」のように過去の状況を説明している場合も線過去になります。

 

線過去は現在完了と点過去とどちらを使うか迷う場面が多いです。

 

直説法線過去の活用

直説法点過去と線過去の使い分け

 

過去完了~Pretérito Pluscuamperfecto~

過去のある時点で完了している出来事や行為などを表します。

例えば、「昨日スーパーに行ったら、セールは午前中で終わっていた」のように、「~した時(過去のある時点)、・・・していた(すでに終わっていた。さらに過去の事象)」のような表現で過去完了を使用します。

 

直説法過去完了の活用と用法

直説法現在完了と過去完了

 

未来~Futuro~

未来の予定や意思を表します。また、現在・未来の推測なども表します。

例えば、「明日の会議で決まったら、連絡するよ」のように、会話の途中で今決めた未来のことなどを表現するとき未来形になります。

他には、空の雲行きが怪しいのを見て「明日は雨になるでしょう」というとき。このような推測も未来形になります。

 

直説法の未来形と進行形

 

未来完了~Futuro Compuesto (Futuro Perfecto)~

未来のある時点で完了している予定などを表します、また、過去に起こった事柄の推測も表します。

※過去に起こった事柄の推測は過去未来形でも表せます。

 

 

過去未来(可能法)~Condicional Simple~

過去から見た未来を表します。また、過去の出来事に関しての推測・疑問、未来のある条件に対しての行動、助言や婉曲表現なども表します。

例えば、「~しただろう」「~だっただろう」という表現が過去未来に相当します。

 

直説法過去未来

 

過去完了未来(可能法過去)~Condicional Compuesto (Condicional Perfecto)~

過去から見た未来に完了している事や過去の時点で完了していると推測される事を表します。また、現在・過去の事実と反する条件文の帰結文(条件文は接続法過去また接続法過去完了)に使用します。

 

直説法の時制を確認したら、実際に例文で確認してみましょう。

スペイン語の直説法を文脈で確認できる例文

 

命令形~Imperativo~

命令形には時制はありませんが、肯定命令と否定命令があります。

 

命令形

 

接続法~Modo Subjuntivo~

さて、ここからは接続法です。

接続法は願望、禁止、要求、許可、忠告、提案等を示す動詞の従属節(名詞節、形容詞節、副詞節)で使います。

従属節というのは、

私は彼がここに来るとは思わない

例えばこの文では、メイン(主節)の主語と動詞は「私は」「思わない」です。

「彼がここに来る」の部分が従属節です。

 

不確実なことや仮想した内容を述べるときなどに用います。

接続法には現在形、現在完了形、過去形、過去完了形があります。

 

接続法現在~Presente Subjuntivo~

接続法現在は、主節が直説法の現在形、現在完了形、未来形、未来完了形の従属節で使用します。

例えば、「私は今日雨が降るとは思いません」の「雨が降る」の部分が接続法現在になります。

 

接続法現在の活用と用法

 

接続法現在完了~Presente Perfecto Subjuntivo~

接続法現在完了は、主節が現在、未来、現在完了、命令時制で、従属節の接続動詞の行為がすでに完了している時に使用します。

例えば、「私は今日雨が降ったとは思いません」の「今日雨が降った」の部分が接続法現在完了になります。

 

接続法現在完了の活用と用法

 

接続法過去~Imperfecto Subjuntivo~

接続法現在は、主節が現在形の従属節で使用します。

例えば、「私は昨日雨が降るとは思いませんでした」の「昨日雨が降るとは」の部分が接続法過去になります。

 

接続法過去の活用と用法

 

接続法過去完了~Pasado Perfecto Subjuntivo~

接続法現在は、主節が現在形の従属節で使用します。

例えば、「私は雨が降ったは思いませんでした」の「雨が降った」の部分が接続法過去完了になります。

 

接続法過去完了の活用と用法

 

接続法の時制を確認したら、実際に例文で確認してみましょう。

スペイン語の接続法を文脈で確認できる例文



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • twitter

最近の投稿

PAGETOP