英語・スペイン語翻訳者が英語とスペイン語の語学学習と翻訳作業で出てきた気づきと旅の話をつづります。
ブログ

スペイン語の前置詞「para」と「por」違いの解説と例文

スペイン語の前置詞の「para」と「por」を説明します。

基本的には、paraは目的や目標porは理由や原因と考えるとわかりやすくなります。

 

期間や場所が後に続く場合は、違う意味も表しますが、上の基本のイメージを持ちつつ説明と例文を読んでみてください。

 

関連記事>>前置詞「en」を詳しく説明(例文付き)

🔶スペイン語の前置詞「en」の使い方解説と例文

関連記事>>前置詞を一覧で確認できます

🔶【スペイン語の前置詞一覧】日本語と英語の対訳と例文付き

関連記事>>直説法の時制をすべて例文で確認!

🔶 スペイン語の直説法を文脈で確認できる例文

関連記事>>すべての時制を説明と例文で一気に復習!

🔶【スペイン語】動詞の「法」と「時制」

 



スペイン語の前置詞:para

まずは「para」から解説します。

 

para+不定詞で「(目的となる動作)のために」

paraの後には目的や目標を意味する動詞をおきます。

動詞は活用せず、不定詞にします。

 

<例文>

スペイン語を語学の練習のために話します。

Hablo español para practicar el idioma.

 

会議に参加するために彼らは来ました。

Vienen para asistir la reunión.

 

体型を保つためにエクササイズをします。

Hago ejercicio para estar en forma.

 

 

para+人で「(人)のために」「(人)への」

だれかのため、というような表現ができます。

paraの後に人など、動作の受け手を持ってきます。

 

<例文>

昨日、娘のために新しいバッグを買いました。

Ayer compré una bolsa nueva para mi hija.

 

妹のために夕飯を用意しました。

He preparado la cena para mi hermana.

 

彼女は結婚式のために花を飾りました。

Ella arreglaba las flores para la boda.

 

プレゼントや手紙が誰へのものかも表現できます。

<例文>

そのプレゼントは母へのものです。

El regalo es para mi madre.

 

その花は今日の優勝者へのものです。

Las flores son para el ganador de hoy.

 

その手紙はあなた宛てですか?

¿Esa carta es para ti?

 

 

para+仕事先で「(会社)で働く」「(雇い主)のために働く」

人または会社のもとで働く、という表現のときにparaを使用します。

 

<例文>

父は私のおじさんの会社で働いています。

Mi padre trabaja para la empresa de mi tío.

 


この文で、

「Mi padre trabaja en la empresa de mi tío.」ではないの?

と思いませんか。

 

実は、trabajar en una empresaも正しいです。

この場合、enは場所を意味するので、会社ならOKですが人はNGです。

 

たとえば、上の例なら

「Mi padre trabaja para mi tío.」

とは言えますが「Mi padre trabaja en mi tío.」とは言えません。

 

「(雇い主)のために」というときや、フリーランスで「(顧客)のために」というときにはparaとなりますね。


para+出来事・イベントで「(イベント)の日/時に」

para+具体的な出来事やイベントで「(イベント)の日/時に」というときに使います。

 

<例文>

お正月に、私たちはニューヨークに行きます。

Nos vamos a Nueva York para el año nuevo.

 

お祝いの日に、友達が来ました。

Mi amigo vino para la celebración.

 

ここで、paraのかわりにporにすると意味が少し変わります。

 

お祝いのため、友達が来ます。

Mi amigo vino por la celebración.

paraが「そのお祝いの日に」ということを意味するのに対し、porの場合は「そのお祝いのため」と理由を意味することになります。

 

para+期限で「(期限、締め切り)までに」

いつまでに、と期限を表現するにはparaを使います。

 

例えば、

月曜日までに

para el lunes

 

1月初めまでに

para principios de enero

 

明日の朝一で

para mañana a primera hora

 

<例文>

明日の朝一で書類をください。

Quiero los documentos para mañana a primera hora, por favor.

 

4月初めまでに新しいモデルを構築しなければならない。

Debemos construir un nuevo modelo para principios de abril.

 

para+目的地で「(どこ)に」「(どこ)へ」

目的地や行き先を表現するにはparaを使います。

paraの他に前置詞の「a」も目的地を表すので、「para」と言い換えできる場合があります。

 

<例文>

桜が咲いたので公園に行きましょう。

Vamos para el parque porque el cerezo está en flor.

 

「a」でも言い換えできます。

Vamos al parque porque el cerezo está en flor.

 

1番乗り場の電車は京都行きです。

El tren del andén 1 va para Kioto.

 

para+人などで「(人)の意見では」、「(人)にとって」

「~にとって」のように、その人の意見を表現できます。

この用法は目的や目標といったparaの基本のニュアンスから、少し離れている気がしますが、方向性を示すと考えればいいのかもしれません。

<例文>

私には、大きい都市は人が多すぎます。

Para mí, hay demasiadas personas en una gran ciudad.

 

上の文では、「Para mí」は「En mi opinión」に言い換えできます

もちろん「私の意見では」という意味になるため少し主張が強くなります。

 

<例文>

子供にはこの本は非常に難しいです。

Para niños, este libro es muy difícil.

 

驚いたことに、彼は私のことを覚えていました。

Para mi sorpresa, él se acordó de mí.

 

上の文では「(私が)驚いたことに」という表現です。このような使い方もあります。

 

para+意外な事実、例外で「~にしては」

paraを使って、「~にしては」のような意外な事実を表現します。

注意するのはparaの後が動詞の原形という点です。

 

こちらも目的や目標のニュアンスとは少し違うので、この用法を知らないと意味が分かりにくいですね。

 

<例文>

息子は5歳にしては、かなり読めます。

Mi hijo lee bastante bien para tener 5 años.

 

スペイン語の前置詞:por

続いて「por」を説明します。

 

por+名詞/不定詞で「(理由や原因)のために」

理由や原因を表現するときはporを使います。

porの後は名詞または不定詞がきます。

 

<例文>

渋滞のため、遅れました。

Llegué tarde por culpa del tráfico.

 

その木は酸性雨の影響で傷んでいます。

El árbol ha sido dañado por la lluvia ácida.

 

部長のいとこだという理由で、その仕事は彼に任された。

Le dieron el trabajo por ser el primo del director.

 

 

por+場所で「(場所)を通って、に沿って」

por+場所などの名詞で、「~を通って」、「~に沿って」などの表現をします。

 

<例文>

~を通って

通勤の時、その公園を通っていきます。

Cuando voy al trabajo, voy por el parque.

 

彼は窓の外を見ました。

Miró por la ventana.

 

~に沿って

ポプラ通り沿いをまっすぐ進んでください。

Sigue recto por la avenida de Álamo.

 

夕方に浜辺の海岸沿いを歩くのが好きです。

Me encanta caminar por la orilla de la playa por la tarde.

 

 

porとparaを比較すると下記のようになります。

・El tren va para Kioto.

・El tren va a Kioto.

上の2文は、「この電車は京都行きです。」の意味です。

この場合、終点が京都だとわかります。

 

・El tren va por Kioto.

上の文は「この電車は京都経由です。」の意味です。

終点はその先の別の駅になります。

 

por+場所で「おおよそ(場所)辺り」

「por+場所」で具体的な場所でなく、その辺りの意味を表現できます。

「en+場所」も場所を説明できますが、porの場合は「その辺り」というニュアンスになります。

 

<例文>

アイルランド酒場はどこですか?市内(のどこか)にあると思います。

¿Dónde está el pub irlandés? – Creo que está por el centro.

 

私の眼鏡みなかった?ああ、居間(のどこか)で見たよ。

¿Has visto mis gafas? – Sí, las he visto por el salón.

 

porとenを比較すると下記のようになります。

<例文>

この街の辺りにはたくさんのモニュメントがあります。」

・Hay muchos monumentos por la ciudad.

街の中だけでなく、周辺にもあることを意味します。

 

この街の中にはたくさんのモニュメントがあります。」

・Hay muchos monumentos en la ciudad.

街の中だけにあることを意味しています。

 

por+人で「(人)の代理で、代わりに」

誰かの代理、誰かの代わりに、という表現の時に使います。

また、物との交換の意味でもporを使用します。

 

<例文>

代理で

昨日、私の同僚は私の代理で働かなければならなかった。

Mi compañero tuvo que trabajar por mí ayer.

 

私の代わりに母へのプレゼントを買っておいてくれる?体調がよくないの。

¿Podrías comprar el regalo de mamá por mí? No me siento bien.

 

主演俳優は気分が悪かったので、代役が彼の代わりを務めた。

El actor principal estaba indispuesto, así que un sustituto actuó por él.

 

交換で

ドルをユーロに両替します。

Voy a cambiar dólares por euros.

 

私の紅茶とコーヒーを取り替えない?

¿Me das un café por mi té?

 

 

por+一日のいつかで、「(一日のうちのいつ)に」

一日のいつか(朝、昼、夜など)を表現するときに使います。

 

<例文>

朝はシリアルを食べます。

Por la mañana desayuno cereales.

 

夕方にジムに行きます。

Por la tarde voy al gimnasio.

 

夜にテレビを見ます。

Veo la televisión por la noche.

 

 

por+方法/手段で「(方法/手段)で」

方法や手段をいうときに使います。

 

<例文>

彼女は電話で母親と話します。

Ella habla con su madre por teléfono.

 

私たちは船でグアムに到着します。

Llegaremos a Guam por barco.

 

国際郵便は航空便です。

Las cartas internacionales viajan por avión.

 

移動方法の場合はenが使われることが多いです。

例えば、viajar(旅行する)やir(行く)の動詞ではenが使われることが多く、enviar(送付する)の場合はporが一般的です。

<例文>

両親は飛行機で北海道に旅行する予定です。

Mis padres viajarán a Hokkaido en avión.

Mis padres irán a Hokkaido en avión.

 

 

por+値段で「(値段)で」

いくらで、のように値段を言うときに使用します。

 

<例文>

3000ドルでバイクを売ります。

Vendo mi moto por 3000 dólares.

 

その靴がいいと思います。50ユーロで買います。

Me encanta los zapatos. Los compro por 50 euros.

 

 

por+人などの単位で「~につき」「~あたり」

por+人などの単位で、「~につき」「~あたり」の表現ができます。

 

<例文>

ドイツへの旅行は2人組のグループごとに2000ドルかかるでしょう。

El viaje a Alemania costaría 2000 dolares por pareja.

 

タルトは子供一人に一切れあります。

Hay una tarta por niño.

 

さらに秒速、分速、時速もporで表現します。

 

時速120キロで移動します。

Viajamos a 120 kilómetros por hora.

 

その船は時速400マイルで航海します。

El barco navega a 4 millas por hora.

 

このバイクが時速100キロで走れるとは思えない。

No creo que esa moto corra a 100 kilómetros por hora.

 

por+期間で「~日間」「~期間」

実際には期間を表現するときに前置詞は必要ありませんが、強調したい場合、明確にしたい場合にはpor(またはdurante)を使用します。

 

<例文:前置詞を使用しない例>

数日間テネリフェにいるつもりです。

Voy a estar en Tenerife unos días.

 

ニューヨークに2週間滞在する予定です。

Voy a estar en Nueva York dos semanas.

 

特に「期間」を意味する前置詞を使うときは、次の2つです。

「durante」「por」

 

<例文>

彼は2日間は話せません。

No puede hablar durante 2 días.

 

私は抗生物質を3日間飲む必要があります。

Debo tomar estos antibióticos por tres días.

 

まとめ

「por」と「para」の違いについて、できるかぎり多くの用法をまとめました。参考になれば幸いです。

 

関連記事>>前置詞「en」を詳しく説明(例文付き)

🔶スペイン語の前置詞「en」の使い方解説と例文

関連記事>>前置詞を一覧で確認できます

🔶【スペイン語の前置詞一覧】日本語と英語の対訳と例文付き

関連記事>>直説法の時制をすべて例文で確認!

🔶 スペイン語の直説法を文脈で確認できる例文

 

以下の用語集も参考にどうぞ。

🔶【オリンピック/パラリンピック競技名】英語とスペイン語で何という?

🔶【スペイン語用語集】コロナウィルス関連のニュースを読むための単語

🔶【スペイン語用語集】乗り物と道路や鉄道周辺の設備

🔶【スペイン語用語集】公共施設・学校・お店の用語

🔶【スペイン語用語集】海の生き物、昆虫などの名前を英語とスペイン語で言ってみよう!

🔶【スペイン語用語集】動物の名前を英語とスペイン語で言ってみよう!

🔶【スペイン語用語集】インテリアの用語~部屋の名前~

🔶【スペイン語用語集】インテリアの用語~浴室とトイレ~

🔶【スペイン語用語集】インテリアの用語~寝具~

🔶【スペイン語用語集】インテリアの用語~家電~

🔶【スペイン語用語集】インテリアの用語~家具~

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • twitter
PAGETOP