英語・スペイン語翻訳者が英語とスペイン語の語学学習と翻訳作業で出てきた気づきと旅の話をつづります。
ブログ

スペイン語のestarとhaberの使い分け

「~にいる」「~にある」のような場所を示す表現には2種類あります。

具体的には、スペイン語のhay(動詞haberの活用形)を使用する方法と動詞estarを使う表現です。

この2つには、使い分けがあります。

 

estarとhaberの使い分け

haberは、「存在するか、しないのか」を表現します。対象が複数でも、hayの形で使用します。

estarは、「存在することがわかっているものについて、それがどこにあるのか(「所在」)」を表現します。主語に合わせてestarを活用します。



haberの例

この近くにスーパーはありますか?

¿Hay un supermercado cerca de aquí?

 

机の上にグラスが2つあります。

Hay dos copas sobre la mesa.

 

estarの例

市役所はどこですか?

¿Dónde está el ayuntamiento?

 

私の家はこの地区にあります。

Mi casa está en este barrio.

 

アナはどこ?

¿Dónde está Ana?

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • twitter
PAGETOP