英語・スペイン語翻訳者が英語とスペイン語の語学学習と翻訳作業で出てきた気づきと旅の話をつづります。
ブログ

スペイン語の無主語文

無主語文

無主語文は、主語をもたない文章のことです。

この文章のスタイルをとる表現はいくつかあります。



天気や気候の表現

「雨が降る」や「暑い」「寒い」などの「天候」を表現する文には主語がありません。日本語では「雨」が主語ですが、スペイン語では動詞だけで文が成り立ちます。

 

例)

沖縄では雨がよく降ります。

En Okinawa llueve mucho.

 

日本の夏はとても暑いです。

Hace mucho calor en verano en Japón

 

時間の表現

時刻を表現するときも主語は不要です。ser動詞はesまたはsonとなり、時刻の数値と数を一致させます。

 

例)

今、何時ですか?

¿Qué hora es ahora?

 

1時です。

Es la una.

 

1時半です。

Es la una y media.

 

2時です。

Son las dos.

 

hay que+不定詞の表現「~しなければならない」

「Hay que+不定詞」は一般的な事実を表現する言い方で、「(一般に誰でも)~しなければいけない」という意味です。

主語が誰かをはっきりさせる場合は「tener que+不定詞」の形をとり、tenerを主語に合わせて活用します。

 

例)

勉強をしなければいけません。

Hay que estudiar.

 

リサイクルをしなければいけません。

Hay que reciclar.

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGETOP