英語・スペイン語翻訳者が英語とスペイン語の語学学習と翻訳作業で出てきた気づきと旅の話をつづります。
ブログ

スペイン語の発音・読み方のヒント③♪

スペイン語の発音のヒントの続きです。

スペイン語の発音は、

ほとんどローマ字読みで大丈夫ということ、

それといくつかの発音のヒントを紹介しました。

ヒント③では、2文字並ぶと発音が変わるケースを紹介します。

「rr」ルルル~~~(巻き舌)

「r(erre)」はアールではなくエレといいます。
ひとつのときは、下を口の上側につけない、くらいでOKなのですが、2つ並ぶといわゆる「巻き舌」の音になります。

昔「トゥルルルル・・・」とか言って遊んだりしなかったですか?

そもそもこの巻き舌自体できないという人や、巻き舌だけならできるけど話すときにうまく発音できない、など苦手な人は多いと思います。

がんばって練習しましょう!

「l」が2つ並ぶとジャとかヤ行の発音になる

ラ行を表す「l(ele)」はエレといいます。

2つ並ぶと発音が変化し、ジャとかヤ行の発音になります。
野菜の名前で「cebolla」セボジャというのがありました。たまねぎの意味です。

「y」もジャとかヤ行の発音になる

「L」が2つ並ぶ「LL」と同じように、「y」も「ヤ」や「ジャ」と発音します。
例えば、パパイヤは「papaya」パパージャです。
ただし、単独のときと語末に来るときは「イ」と発音します。
例えば、スペイン語でandの意味の「y」は「イ」。

パラグアイの意味のParaguayはパラグアイになります。

以上です!

いくつかポイントはあっても、覚えてしまえばたいしたことないです。

これさえおさえておけば、スペイン語が読めるようになります。

カタカナでふりがなを書かなくても、すぐに読めるようになります!

 

発音の仕方
No. 1

No. 2

No. 3

 

フランス語・イタリア語・スペイン語が〈同時に〉学べる本 [ 伊藤太吾 ]

文法から学べるスペイン語 [ 井戸光子 ]


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • twitter

最近の投稿

PAGETOP