英語・スペイン語翻訳者が英語とスペイン語の語学学習と翻訳作業で出てきた気づきと旅の話をつづります。
ブログ

外国語はこうやったら上達する!めざせペラペラ ーリスニング編ー

今は英語とスペイン語を仕事に使っています。

でも学生の時、はじめて留学したときは悩みました。

「なかなか聞き取れるようにならないな・・・」と。

特に中学、高校で英語を勉強して、大学生のときに交換留学したとき!

アメリカでなかなか英語が聞き取れるようにならず、文法はできるけど、リスニングが・・・という状況が数ヶ月続きました。

どうにか状況を打開したくて、いろいろ試したけど、一番効果があったのは・・・。

ネイティブが普通のスピードで話している音声を聞いて、同じように言えるように練習する。

私はダイアログがたくさんのってる本を買って練習したけど、今ならYou TubeとかでもぜんぜんOKだと思います。

重要なのは「音声」があることと、何を言っているのかわかるように「英語のテキスト」やスクリプトがあることです。You Tubeでも字幕で音声と同じものが見れるものです。

文法や読解力を重視した勉強だと、英語がどのように発音されるのか、発音されたときに音にどのような変化が起こるのか、わかっていないことが多いです。

私は理解してませんでした・・・。

自分で発音しながら練習することで、自然な英語のリズムと、単語同士がくっついて発音されるときの変化がわかってきます。

しかも自分も同じように発音できるようになるから、話す力もアップします!

ただ、テキストを読むだけでなくネイティブと同じ発音、同じスピードになるように練習するのがポイントです。

スピード!ものすごい重要です。

ネイティブと同じかそれ以上のスピードで言えるように練習すること。

そのくらい早く話すにはしっかり理解していないと言えません!

結構難しいのです。

だから言えるようになると、聞く力がアップする!

私はこの方法でリスニング力が上がったので絶対お勧めです。

もちろんスペイン語でも同じ方法を使って勉強しました。

英単語・熟語ダイアローグ18003訂版 [ 秋葉利治 ]

ちなみに私が使った教本のひとつです。

フランス語・イタリア語・スペイン語が〈同時に〉学べる本 [ 伊藤太吾 ]

文法から学べるスペイン語 [ 井戸光子 ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • twitter
PAGETOP