英語・スペイン語翻訳者が英語とスペイン語の語学学習と翻訳作業で出てきた気づきと旅の話をつづります。
ブログ

スペイン語の発音・読み方のヒント②♪

スペイン語の発音はずばり!英語ほど難しくないです。

ほとんどローマ字読みでいける、ということを前回ご紹介しました。

ただし、知っておくといいいくつかのポイントはあります!

それをいくつかご紹介します。

「H」の音は?

「h」は発音しません。
挨拶のこんにちはが「¡Hola!(オラ)」、いちじくが「higo(イゴ)」。

「h」は発音しないので、「ハラ!」とか「ヒゴ」ではなく、「オラ!」「イゴ」になっています。

つまり、ha、hi、hu、he、ho はそれぞれア、イ、ウ、エ、オになります。

「J」と「G」がハ行の発音になる
「h」は発音しないのですが、かわりに「J」と「G」がハ行の発音になります。

⽊曜⽇は「jueves(フエベス)」、日本は「Japón(ハポン)」 です。

「C」「S」「Z」の3つ

基本、サ行の音になります。

スペインと南米での発音の違いなどが説明されることがありますが、ポイントは2つ。

Za、Zi、Zu、Ze、Zo、が、ザジズゼゾ、でなく、サシスセソになること。

リンゴ がmanzana(マンサーナ)!

それからCiとSiは「シー」でなく、「スィー」に近い音になります。

「ñ」エニェの音
スペイン語のアルファベットには英語のアルファベットになり文字があります。

それが「ñ(エニェ)」です。

なんか、カワイイ音です。

「n(エネ)」はナ行の音、「ñ(エニェ)」はニャ・ニュ・ニョになります。

スペイン語がEspañol(エスパニョール)になるように。

明日は2文字並ぶと発音が変わる組み合わせです。

あわせて読みたい!

発音の仕方
No. 1

No. 2

No. 3

 

フランス語・イタリア語・スペイン語が〈同時に〉学べる本 [ 伊藤太吾 ]

文法から学べるスペイン語 [ 井戸光子 ]


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGETOP