英語・スペイン語翻訳者が英語とスペイン語の語学学習と翻訳作業で出てきた気づきと旅の話をつづります。
ブログ

文法

スペイン語 直接目的語・間接目的語と目的格人称代名詞

まず目的語が何なのかですが、日本語では「~に(間接目的語)」「~を(直接目的語)」にあたる部分です。 代名詞というのは、例えば「マリアに」の代わりに「彼女に」というように、代わりに当てる名詞です。   スペイン …

スペイン語の場所を示す表現:estarとhaberの使い分け

「~にいる」「~にある」のような場所を示す表現には2種類あります。 具体的には、hay(動詞haberの活用形)を使用する表現と動詞estarを使う表現です。 この2つには、使い分けがあります。 estarとhaberの …

スペイン語の【直説法】未来形と進行形

【直説法】未来・規則変化 現在や未来のことを推量するときに未来形を使用します。 例えば、「決まったらご連絡します」のような今決めた未来などです。   未来形の規則変化は、動詞の不定形に語尾を加えるので、ar動詞 …

スペイン語の【直説法】現在完了と過去完了

【直説法】現在完了 「あることが終っている現在の状態」「過去の経験」「過去のある時点で始まり現在も継続していること」を示すとき現在完了形を使います。 例えば、「今日は朝、役所に行った。」のような文です。 「今日」でありな …

スペイン語の線過去と点過去の使い分け

線過去と点過去の使い分け 点過去と線過去には下記のような違いがあります。 点過去:過去に完結した行為、具体的な過去の時点の行為を表現する。 線過去:具体的にいつのことか明確にせず、過去の習慣的あるいは繰り返した行動を表現 …

スペイン語の【直説法】点過去 規則変化と不規則変化

過去形には線過去と点過去の2種類があります。 点過去は「すでに終わった過去のできごと」を示します。通常、具体的な過去の時間を示し、過去の出来事を表現する場合に使用します。 例えば、「3年間、大阪に住んでいました」のような …

スペイン語【直説法】線過去 規則変化と不規則変化

過去形には線過去と点過去の2種類があります。 線過去は回想、過去の習慣など、具体的にいつのことかを明確にせずに、過去のできごとを説明するときに使います。 例えば、「昔は田舎に住んでいました」のような文です。 「以前」は「 …

冠詞、名詞、形容詞の性・数変化

不定冠詞 不定冠詞は、会話や文中で最初に登場する物・事につけます。名詞の性と数により使い分けます。   性/数 単数 複数 男性 un unos 女性 una unas   定冠詞 定冠詞は、会話や文 …

スペイン語の【直説法】現在 動詞不規則変化

動詞の不規則変化(語根子音変化と語根母音変化) 直説法現在の不規則活用には語根子音変化と語根母音変化があり、大きく6つの不規則活用グループに分かれます。 またグループ7には覚えるしかない特殊な活用をする動詞をまとめていま …

スペイン語の【直説法】現在

スペイン語の動詞は主語の人称や単数複数で活用します。 つまり「私」と「彼」で活用が変わり、さらに「私」と「私たち」でも変わります。   そのため、主語代名詞(Yo(私)やNosotros(私たち))を理解してか …

« 1 2 3 4 »

Profile

管理者:Aya/Monica

こんにちは。このサイトを見ていただきありがとうございます。●日⇔英と日⇔西の通訳・翻訳家です●オリンピック・パラリンピック中、金メダリスト他、中南米チームと多数の自治体でスペイン語通訳●Podcastにて日本語/スペイン語のバイリンガル番組を配信●週末はタップダンス講師
  • twitter


PAGETOP